飲むときは気持ちよく飲ませ、話させるということ

新入社員との飲み会コミュニケーションに悩んでいるという声がよくきかれます。まず最初に、「友人とのアポがあるという理由で断られた」など、一緒に飲む機会そのものをうけいれてくれない新入社員も、最初の頃は多いものです。上の世代とのコミュニケーションに慣れておらず、ぎくしゃくした関係でいると、一緒に飲むということを、何らの理由をつけて断られるケースも多いものです。その一方で、「一緒に働いている人の素顔をもっとよく知りたい」という積極的な層もいます。また、飲みの席のマナーが幼稚であることも良くある話です。最適な飲み会への誘い方、飲み方、マナーのしつけなどについて考えてあげましょう。
まず、期の変わり目や、新入社員・他から転属されてきた人などが配属された際などは「チームの結成会」などの名目で飲み会を開きましょう。まずは最初にこれを開かずに個別に誘うと、断る理由はテンコ盛りになります。まずは最初に名目をつけて飲み会に参加させることが大切です。参加しやすいように、チームの公式な会議の「第2部」などの位置づけで実施するといいでしょう。就業時間が終わるころに「第1部」の会議が終わるように時間調節をうまく行い、そしてそのまま「第2部」の飲み会へと出かけるのです。
そして、社内での飲みの席では、できるだけ彼らに気持ち良く話してもらうことを意識しましょう。意識的に聞き手に回るといいでしょう。ここでの主役は彼らです。とことどころで話題をふるなどして、彼らにできるだけ話をさせてあげるのです。質問にはざっくばらんに答えてあげましょう。座席も、若手と中堅、ベテランが「合コン配列」的に互い違いになるようにするといいでしょう。そして、彼らに気を使わせすぎないようにすることを意識してしましょう。なお、相手にマナーを指導する前に、彼らの飲みの流儀を理解しておくことも大切です。たとえば「まずはビール!」といった発想は彼らにすれば、過去の礼儀なのです。最初からカシツオレンジを飲む人もいるのです。このことを当たり前であると自ら理解することが大事なことです。また飲めない人、飲まない人には絶対に強要してはいけません。
少々なマナー違反には目をつぶります。ただし、将来、接待などで社外の人と飲む機会もでてくるので、粗相があった場合には、次の日にやんわりと指導するようにしましょう。新入社員との飲むことは、異性とのデートと同じで「次に向こうが飲みたいと思うかどうか」をゴールにすることを意識しましょう。気持ちよく飲んでもらい、本音を語ってもらうのです。