憧れの先輩を紹介するということ

プライドが高いタイプの新入社員は「先輩が使えない」「できる先輩がいなくて刺激がない」などということがあります。そして、すぐに転職や異動をしようとします。ある日、突然「退職宣言」されることも良くある話なのです。しかも、こういう人に限って、指示されたことは完璧にこなしますが、自分から仕事をつくろうとしない受け身の人間であったり、単に空回りしているだけであるので、タチが悪いのです。この場合には「人」を通じた「刺激」を与えてあげる必要があります。部門を超えて、社内のエース級の人材、いわば「憧れの先輩」を紹介してあげましょう。新入社員の方で「この人に会いたい」という人がいるのであれば、ランチや飲みの席をセッティングします。特にいない場合には、こちらから人選を行い、セッティングをするようにします。会ってくれる先輩には、その新入社員の状況と、どのようなフォローをしてもらいたいのかを簡単に伝えておきます。別に自分の会社の社員でなくてもかまいません。個人的なツテで他社の友人・知人を紹介してもかまわないのです。
当日は、できるだけ同席はしないでおきます。同席すると、彼らは緊張して、聞きたいことが聞けなくなってしまいます。言いたいことが言えないからです。もちろん同席を望むのであれば、同席するようにしましょう。そして次の日にでも簡単に「どうだった?」と投げかけを行うとよいでしょう。もちろん協力してくれた人にはお礼の電話かメールを入れておきます。若手社員のうちにこのように凄い先輩とランチを一緒にしたり、飲みの席に同席したりなどして何人となく接していくと、社内や他の会社には、まだまだ自分よりも凄い人がいるということ、また自分自身の至らない部分、人間として小さい部分に気付かされるものなのです。そして自分自身のモチベーションも向上し、自分自身の考え方が良い方向へ進んでいくことでしょう。ぜひ「人」を通じて「刺激」を与えてあげましょう。