新入社員を変化させるには

管理職の重大な任務の一つが人材育成です。自分たちで教育、マネジメントしなければ、新入社員は一生変わらず「新人」で戦力化しないということです。仕事を楽しむという感覚も育つことはありません。彼らは厳しい教育を受けていない分、これからは教育することによって磨かれ、光る可能性を十分に秘めています。つまり今はこまった存在である彼らが、自分たちを超えるようなスター社員に変身する可能性があるのです。漠然とした強い成長意識に火をつけ、根気良く指導すれば、これまで十分に学んでいない分「大化け」する可能性を秘めているのです。彼らの戦力化は、組織としての競争優位を獲得する上で大切なポイントであるといえるのです。
それでは彼らを育てるにはどのようにすればいいのでしょう。彼らをスター社員に変身させるために次の5つのアクションを行動に移してみましょう。第1のアクションは「腹に落ちるコミュニケーション」です。背景を説明し、納得感を勝ち得るmで、「腹に落ちる」ようにコミュニケーションを行いましょう。またコミュニケーションの密度を上げることも重要です。第2のアクションは「つっこみをいれて気付かせる」ことです。自分の可能性に気付かせてあげるのです。一方で自分が「できない」ということにも気づかせてあげましょう。自分の現在の状況について「気付き」を与えることが重要です。第3のアクションは「考えるきっかけづくり」です。答えはいいません。やってみせ、やらせてみせて「考える方法」「やる方法」を教えるのです。それにより自分自身で考えるきっかけを与えるのです。第4のアクションは「やりきる勇気を持たせる」ことです。自分の与えられた課題から逃げずにやりきる勇気をもたせるのです。そのための動機付けとサポートが重要といえます。第5のアクションは「やさしく具体的に叱る」ということです。叱る場合には高圧的に、感情的に叱ってはいけません。相手の間違っている点を具体的に指摘し、やさしく叱ることが重要です。
新入社員の教育・マネジメントはこの5つのアクションを組み合わせることで、効果的におこなうことができるといえます。これら5つのアクションの組み合わせにより様々なテクニックがうまれます。日常の人材管理でこれらのテクニックを意識するだけで、マネジメントの方法が大きく変化するものと思われます。そして新入社員の戦力化は、管理職にとって自分自身への高評価へもつながるのです。